ライバーなどの動画配信

現代ではほとんどすべての人がスマホを持っていると言っても過言ではありません。それでは、そんなスマホでなにをしているのか、というと用途は人それぞれではありますが、SNSなどのアプリを開いていることが多くあります。

なかにはLIVE配信などをしているいわゆるライバーの方もいます。ライバーの人は、動画を配信する側の人間のことです。見ている側というのが世間的には圧倒的に多いような気もしますが、ライバーをする人の数はかなり増えて来ています。

昔は、ライブ配信のようなものは芸能人の仕事でしたが、今はもう一般人でも普通に配信をして、人気を得ている人もいるくらいです。ある程度稼げるようになれば、もう個人授業主ともいえます。ただ、個人授業主と言えるようになるまではなかなかハードルも高いものです。当たり前ですが、なにかしらのスキルがないと人は集まりません。

ものすごく可愛い顔をしているのであれば、配信すれば一定の顔ファンを獲得することができるでしょう。ですが、一般人ではそんなワザが使えるほどのルックスを持ち合わせている人はいません。それでは顔以外の部分で勝負をする他ありません。

そうなってくると、話が面白かったり、なにか専門的な知識があったりすることが望まれます。ライバーにはそれぞれジャンルがあるので、どこのジャンルを目指すのかで大分必要なスキルも、ファン層も変わります。
ライバーが稼ぐためにはなるべく多くの投げ銭をしてもらうことです。投げ銭とは課金みたいなもので、バーチャルですがしっかり利益として換算されます。コアなファンができれば、毎回投げ銭をしてくれるということも。

あので、そのためにファンが喜びそうなことをしなければならないという点もあります。もし、なんらかの創作活動をしているのであればそれをへの宣伝も兼ねて動画を配信することも可能です。そういったところからファンを獲得して自分の商品を買ってもらうと言うような扇動もできます。

どちらにせよ、ライバー一本でやっていくというよりもなにかしらの商品やサービスを展開している、という人の方がメリットが大きくなりやすいです。もちろん純粋にライブ配信だけでやっている人もいます。

ですが、大抵そういう人は定期的にライブ配信を続けていく必要があります。
定期的にやるとなると、決まった時間帯にやっていく方が覚えてもらいやすいので、そうなるとライブ配信がスケジュールに組み込まれるような形になります。